開通式。
開通式の一般的な流れは、神事に始まり、テープカットとくす玉開披をして、パレードで移動した後に式典、祝賀会と移行します。
(写真は、箱型のアーチ)
くす玉開披。
何度やっても、一発勝負のくす玉は、緊張します(>_<)
貫通式。
日本のトンネルを掘る技術はトップレベルです!
除幕式。
竣工記念碑や開通記念碑、銅像やモニュメントなど、除幕する物に合わせた形で除幕式は執り行われます。
雨天時と強風時には、本当に難しい施工になります。

上棟式。
いわゆる棟上げ式です。
これまでの工事が無事に進んできた事への感謝と、これから竣工までの順調な進捗と加護を祈願し、末永く禍なく幸多きことを祈る祭祀です。
進水式。
目の前で、船が水に入っていく様子は、圧巻の一言です(>_<)
記念植樹。
竣工記念や達成記念に行われます。植樹に使われる樹木は、県木や市木などが多く用いられます。
植樹した樹木の横に、標柱を建てて、記念植樹の内容を記録します。